タッチフォーヘルス


歴史

タッチフォーヘルスとは、その名前の通り、触れて(タッチして)健康(ヘルス)になるという考えを基本とした学問です。

1964年アメリカの医師免許を持ったカイロプロテクターであるジョージ・グッドハート博士が医師のための治療方法として応用キネシオロジー(アプライドキネシオロジー〈AK〉)を発展させました。

その後ジョン・F・シー博士がよりシンプルに、医師ではない人々にも使えるようにとまとめたものがタッチフォーヘルスとして全世界に広まりました。今では112カ国もの国々で使われています。

タッチフォーヘルスは、あなたの人生をより良いものにすることを目的としています。あなたの人生がより輝き、より豊かに、より幸福になることをゴールとした施術を行っています。その結果、長年の身体の不調から解放されることも少なくありません。

aromaricaでは、もっと幸せに自分の人生を生きたい全ての方をサポートしています。


タッチフォーヘルス 公式クラス

【TFHレベル1内容】

・タッチフォーヘルスについて
・筋反射テスト(キネシオロジー)

・予備チェックと修正法
・主要な14の筋肉のテスト法&調整
・脊椎反射、リンパ、血流、経絡の調整方法
・感情ストレスの開放

・テーマの数値化
・食物テスト
・簡単な痛みの解消法
・代理テスト など

 

【TFHレベル2内容】

・五行理論

・レベル2の新たな14の筋肉

・予備チェック

・回路の特定

・クロスクロール統合運動

・紡錘細胞の仕組みと働き

・ゴルギ腱器官

・指圧のポイント

・脳脊髄液のテクニック

・陰、陽の概念

・オーバー(過剰)エネルギーを知る警報ポイント(墓穴)

・車輪の法則(ビーバーダム、三角形の法則、四角形の法則、昼夜の法則)

・ワンポイント調整

・未来のESR

・最近の痛みのための経絡散歩

・高感度方式を使った食物テスト

・痛みに対処する簡単なテクニック

 

【TFHレベル3内容】

・反応筋の理論

・レベル3の新たな14の筋肉

・五行理論の復習

・色を使った五行のバランス調整

・目標と感情を使った五行のバランス調整

・回路維持モード

・促進と抑制

・鎮静化のテクニック

・歩行テスト

・過去のストレスやトラウマを和らげるESR

・脈診

・慢性的な痛みへのタッピング

・食物を使った修正

 

【TFHレベル4内容】

・五行の感情

・五行の音のバランス調整

・指圧のポイントの理論

・ローポイント(経穴)

・時刻によるバランス調整

・8の字エネルギー

・神経リンパポイントの解放

・反応筋の復習

・姿勢分析

・42の筋肉を使ったテスト

・チャート表を使った全調整方法からの選択 

 

【五行メタファー】

 

 

 

心と身体のバランスを取り戻す


Fulla Pranaでは、ストレスに感じていることを取り除いたり、願望が実現するお手伝いをさせていただきます。人はストレスを感じると自然と体がこわばり、血流が悪くなったり、呼吸が浅くなったりして筋肉の働きが弱くなります。心と身体は密接な関係にあります。その身体の痛みは、ある感情が原因で血液の流れ、リンパの流れ、経絡(気)の流れ、チャクラやオーラなどが乱れたために身体が訴えて現れたものかもしれません。こうした身体の様々な乱れを整えることにより、自分では全く気が付かなかった感情や過去の記憶を解放して、本当の自分を取り戻し、より輝いた本来の人生を歩み始めることでしょう。